人気のピーリング!皮膚科でニキビケアしても平気?リスクと効果は?

面接を控えた就活生や、オーディションなど、人生を左右する重要なと時に、慌てて皮膚科へ駆け込む人も少なくはありません。ニキビは人が気になる以上に自分自身が気になってしまうもので、悩んでいる人も多いように感じます。AHA(アルファヒドロキシ酸)のフルーツ酸やグリコール酸などのピーリングは、導入されてから今もなお人気です。導入初期は、「顔が赤く腫れた」「跡が残ってしまった」など、悪い噂もありましたが、技術の進歩により、こうしたトラブルは今はほぼ効かなくなりました。肌表面のターンオーバーを促進させ、トラブルを解消するというピーリングは、洗顔や化粧品によりも結果が早く目に見えて解る点で人気です。そもそも、洗顔する目的も、ピーリングの目的も似たものがあり、表面に残ったままになっている汚れを剥がし、新しい角質細胞を育てるという面でも共通しています。どちらも肌の生理機能に従ったニキビケアの方法だといえます。ニキビのケアには色々ありますが、いくら早期に結果を出したくても、ピーリングにはリスクが伴うことを忘れてはいけません。理由は、酸によるピーリングの場合、ある意味、力任せに肌表面を酸で溶かして剥ぎ取っていることを忘れてはいけません。無理やり剥ぎ取るわけですから、必要のなくなった剥ぎ取るべき表皮なのか、まだ必要な肌細胞なのかは区別はつきません。いくらニキビが綺麗になったところで、いくら皮膚科での処置であっても、強引なピーリングは避けるべきです。他にもダイアモンドヘッドなどで、肌をなぞって肌表面を削り取っていくような施術も肌にとっては良いものではありません。洗顔やマッサージなどで、自然に浮いた余分な肌表面だけを取り除くのとは違うのです。必要以上に角質を取り除いてしまう可能性があることを覚えておかなくてはいけません。面接を控えた就活生や、今すぐにニキビをなんとかしたい方は、皮膚科のピーリングに走り気味ですが、前もって食事療法と洗顔、化粧品でのケアが肌にとっては良いでしょう。仮にその場限りのケアで結果を急いでしまったら、肌には独特の厚みがでてきてしまいます。これは無理やりに肌表面を剥いだことによる肌の防衛システムが起動してしまった証拠です。無理やり力を加えて肌を育てる方法ではなく、肌本来の力を信じ、自然に委ねながらケアしていくことが大切です。ニキビやクレーターは、早く綺麗にしたいものですが、肌の代謝力を上げ、ナチュラルな美しさを育むことが必要です。人が見て解りやすいような盛り上がったニキビは、皮膚科の薬や治療で比較的早く治すことができます。これとは違う、毛穴ではない部分に脂が溜まってしまっているニキビ(吹き出物)は頑固で治すのに時間がかかってしまいます。これは皮脂分泌の異常ではなく、代謝力が低いことによって起こってしまいます。こういったニキビは、正しく洗顔してケアを続けるしかありません。硬くなってしまった角質を少しずつ剥がすことです。早く新しい肌に生まれ変われるようにすることが大切なのです。この繰り返しで、少しずつ新しい肌が押し上げられるうちに、しぶといニキビからポロリと脂が出てきます。リスクを負わず、毎日の正しいケアで綺麗になれるのが1番良いに決まっていますよね。ニキビを早く治したい人は、とにかく早くに正しいケアを始めることです。CAさんやモデルさん、アナウンサーなど女性の職業には、面接が結果を左右されることも少なくはないでしょう。慌てて皮膚科に飛び込むのではなく、時間をかけて身体の内側からニキビを改善することが必要です。その上で、正しい洗顔や化粧品によるケアを継続していきましょう。

参考サイト:【ca受験】面接までに肌荒れ・ニキビを治す!作らない!方法