老けない食べ方をする美魔女のアンチエイジング法

いつまでも若々しくいたい美魔女が実践している「老けない食べ方」をご存知ですか?アンチエイジングのためには、「食べ方」は基本中の基本。摂取した食物から人間の身体は作られるので、当然ですよね。

夕食後、睡眠を挟み、およそ10時間後くらいに食べるのが翌日の朝食です。朝は軽めの食事でスムージーやフルーツを食べ、胃腸に負担を掛けないのが老けない食べ方です。アンチエイジング効果を狙うには、少量の生野菜を摂取すると効果的です。寒い日には、身体を温めるスープやお味噌汁が効果的でしょう。朝は排泄に適した時間のため、食べ物の吸収には向きません。朝は極力、身体への負担を減らすことが大切です。

炭水化物は、積極的に取り入れたい栄養素です。大切なエネルギー源となるため、しっかりと摂取しなければいけません。炭水化物を抜いてダイエットする方法なども流行っていますが、これはダイエットには効果的でも、アンチエイジングを狙う方法としては適していません。
但し、摂りすぎも厳禁です。糖質は単糖に変わるため、摂取しすぎていると糖化が起こってしまいます。これは、お肌に良くないだけでなく、かゆみや腫れなどの炎症を悪化させることもあります。また、動物性脂肪は悪玉菌を増やしてしまうことに繋がります。肉より魚中心にして、バランス良く摂取しましょう。

糖化は、糖質とタンパク質が結合することで起こります。この糖化を防ぐためには、食べる順番がとても大切です。食事の際、まず野菜・海藻類を食べることで、糖化を防ぐことができます。こんなことで?と思われるかもしれませんが、とても有効な方法です。野菜や海藻をあらかじめ摂取しておくことで、その食物繊維が糖質の吸収を抑えてくれるからです。糖質が多く含まれている食品(パン・ご飯)などは、食事の最後に摂取することで、老化の予防になります。

食物繊維の他にも、あらかじめ酢を摂取しておくことも有効です。酢に含まれる成分(クエン酸・酢酸)が吸収を抑える働きをしてくれます。野菜に酢で作ったドレッシングをかけて食べると、摂取しやすくなります。酢の代わりにレモンを代用してドレッシングを作るのも有効です。酢には糖化を抑える効果だけでなく、ビタミンC破壊酵素を無害化にしたり、疲労物質を分解するなどの効果も期待できます。さらに、カルシウムや非ヘム鉄の吸収を良くしてくれる効果もあるので、美容・健康にとっても、食事の前に酢を摂取すると良いでしょう。

食物繊維を多く含む生野菜以外に、漬物・納豆・みそなどの発酵食品は美容にとって、とても必要な食品です。肌老化の原因にもなる活性酸素を無害化してくれる役割や、消化や新陳代謝を促してくれます。酵素は体内でも作られますが、積極的に摂取することで、抗酸化力を高めることが可能です。酵素は、加熱すると変性してしまうこともあるため、極力、生野菜で摂取することをおすすめします。

このように、食事の順番や摂取する食品から、自分でアンチエイジングに取り組むことが可能です。でも、なかなか自分で管理できない人は、サプリなどを利用するといいですよ。
体内に入れるものには、極力気を配ることが、美魔女への第一歩なのです。