英語を大きな声で話すのが苦手!?美しい発音で美人度アップする方法

人からの目線を気にせず、自分から積極的に英語で会話できるようになってきた頃、直面する壁が、「通じない」という現実です。日本語の発生と英語の発生で大きく異なるのが、腹式呼吸をして発声しているかという点です。お腹から声を出すと、低くて通りやすい声になるため、英語を話すときには心がけなければいけません。大きな声で話すのが苦手という方も、日本人には多いのですが、ここをクリアしなければ、通じる英語を習得することができません。この大きな理由としては、日本語特有の母音で終わるという発音にあります。英語には、子音で終わる単語も多くあるため、日本語訛りはこの違いによって生じるのです。これを好意的に受け取ってくれる場合もありますが、意図が通じなければ会話が成り立ちません。日本語と英語では同じ音は存在しないため、まず英語を日本語に当てはめて発音するのはやめましょう。発音を克服するためには、やはり発音記号の習得です。英語の綴りに頼るには限界があります。日本の受験勉強などでは、発音記号の習得は軽視しがちなのですが、会話に関して言えば、必須といえます。発音記号が理解できるようになれば、日本人特有の癖を治すことができます。さらにお腹から声を出して大きな声で話すことを意識すれば、通じないストレスが軽減されることでしょう。さらに日常会話くらいのレベルであれば、困る必要がなくなります。またイントネーションの感覚を身につけるためのレッスンとして、外国人の話す英語のイントネーションに着目してみましょう。日本人から聞くと違和感を感じるイントネーションですが、真似てみると英語特有のイントネーションの感覚が解るようになります。英語特有のイントネーションに慣れたところで、英語に当てはめて発音してみると、なんとなく英語に聞こえるようになります。リズムを身につけることで、不思議に感覚として英語らしく聞こえる会話になるのです。日本語でもありがちですが、小難しいことをダラダラと話すことは、英語においては必要ありません。シンプルかつ論理的に話せる人が評価されるのが英語です。そこには難しい単語や難しい文法や美しい発音は必要ありません。英語力は、このような回りくどいものではないのです。特に日本人は論理的に伝える訓練をあまりしてこないせいか、苦手な方が多いです。日本語で論理的に話せないのに、英語で論理的に話せるわけがありません。まずは普段の日本語で構わないので、論理的に話すことを意識してみると良いでしょう。小さな積み重ねが論理的に話す力が身についてくるはずです。それを英語に当てはめて実践してみると良いでしょう。上級者の英語資格を受験するなら、この訓練は役に立ちます。①主張②主張する理由③理由を裏付けるための具体例④反論⑤結論へと導く構成で会話をすすめてみましょう。論理的に話す感覚が次第に身についてくるはずです。航空会社の客室乗務員・CAの方は、受験の際にTOEICのスコアが必要になるようです。面接で英語で会話することもあるため、英語学習には力をいれているそうです。そんな客室乗務員・CAの方が多く利用しているのがスマホアプリの英語教材(スタディサプリ)。英語の発音も繰り返し一人で出来るため、大きな声で発声の感覚を身につけるまで、恥ずかしい思いもせずに練習を積み重ねることができます。確かに美しい顔をしたデキそうな女性の発音が残念だと、少しがっかりしてしまうかもしれません。でも日本人訛りの発音は外国人にとっては「可愛い」と感じられることも少なくありません。物おじせず、積極的に大きな声で話すように訓練しましょう。流暢な英語を話すのが当然だと思っていた客室乗務員さんも受験の時から相当な努力をされていることに驚きます。英会話教室で直接外国人と会話をすることも大切な訓練ですが、こうしたスマホアプリの活用をして、自信がついてからトライするのも良いかもしれません。大きな声で話すことや、英語だとマゴマゴしてしまうという方には、前段階の準備として利用すると良いでしょう。

>>CAさんがTOEICの点数が足りない時に使用しているのはコレ!